賃貸物件を借りるとかかる費用

賃貸物件を借りる際には、様々な費用がかかります。まず、初期費用として、賃貸人に払う敷金や不動産屋に支払う仲介手数料などが挙げられるでしょう。敷金の代わりに保証金という名目で請求されることもあります。敷金は、建物に与えた損害賠償分を除いて、退去時に返却されます。経年劣化による損傷について賃借人が賠償する必要はありませんが、賃借人の過失により床や壁を傷付けたり焦げ跡を付けたりした場合には、修理費用の一部を負担するよう求められるでしょう。また、契約時に礼金を要求されることもあります。入居後は、家賃と管理費を毎月前払いで支払うことが多いでしょう。家賃は、建物の築年数や間取りのほか、最寄り駅からの距離や中心街へのアクセスの良さなどにより決められています。

自分の収入に見合った家賃とは

家賃の負担は大きく、収入に見合った額の範囲内に収めなければなりません。家賃のほか、光熱費や食費はある程度の出費が避けられないため、これら3つを併せて収入の半分を超えると、生活が苦しくなります。そこで、予め家賃が収入の何分の1以内に収めるか考えて、物件を選びましょう。 通常は、家賃を月収の4分の1以内に抑えることが必要だと言われています。月収20万円の賃借人であれば、賃料を5万円以内に収めることが望ましいでしょう。地方であれば、単身者用の賃貸物件で、5万円以内の賃料は珍しくありません。しかし、都心部など賃料が高額の地域では、単独で5万円の物件となると、築年数が古いものや、手狭な物件に限られてしまいます。若年層の賃借人なら、シェアハウスなど共有スペースを生かせる物件の方が良いかもしれません。